特定不妊治療費助成(令和3年1月以降治療終了分から)

[概要]

新潟県では特定不妊治療(「体外受精」および「顕微授精(凍結胚移植を含む)」)について、医療保険が適用されない治療費の全部または一部を助成しています。

※令和2年12月31日までに終了する治療については、助成内容・要件が異なります。
詳しくは「特定不妊治療費助成(令和2年12月末治療終了分まで)」をご覧ください。 詳しくは「特定不妊治療費助成(令和2年12月末治療終了分まで)」をご覧ください。

[支給内容]

新潟県知事が指定した医療機関で受けた特定不妊治療(体外受精または顕微授精(凍結胚移植を含む))にかかる費用を助成します。

<助成金額>

  • 1回の治療につき30万円まで
  • 凍結胚移植(採卵を伴わないもの)および採卵したが卵が得られない等のため中止したものついては、1回の治療につき10万円まで
  • 特定不妊治療の一環として、男性不妊治療(精子を精巣または精巣上体から採取する手術)を行った場合はさらに、1回の治療につき30万円まで
<助成回数>
初めて助成を受ける際の治療開始日における妻の年齢によって異なります。
  • 40歳未満:1子ごとに6回まで
  • 40歳以上43歳未満:1子ごとに3回まで

[対象者]

次の要件をすべて満たすご夫婦

  • 治療開始時に、法律上の婚姻をしていること、または事実婚の要件を満たしていること
  • 新潟県内に居住していること
  • 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること
  • 体外受精および顕微授精以外の治療法によっては妊娠の見込みがないか、または極めて少ないと医師に診断されていること

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

1回(一連)の治療が終了した日の属する年度末まで
※年度末(1月から3月)に治療が終了した場合は、翌年度4月末まで

子育て応援情報

「子育てナビ」をシェアしよう
  • つぶやく